見落としがちなウォーターサーバーのメンテナンス

- ジュースで水分補給はダメなの?

ジュースで水分補給はダメなの?

水分補給を行うことは重要だと言われていますよね。
特に近年では、夏場の熱中症は、ニュースになっていますし、死亡例まで沢山報告されています。
水分補給の重要さに注目がされており、幼稚園や保育園、小学校などでは、水筒の持参は義務化されているような状況ですね。
ただ、こういったところで気をつけていても、ご家庭で何もしなければ、まっったく意味はありません。
水分であれば何でもいいといった間違った考えを持っていたり、普通のミネラルウォーターよりも、塩分などを含んだスポーツドリンクの方が吸収率が良いからなどといった間違った理由で、ジュースやコーヒーをガンガンと飲んでいる方がいらっしゃいますが、こういったことで推奨量である1.5リットルの水分を補給すると、完全にカロリーオーバーになってしまうことでしょう。
缶ジュース、つまりは350mlという容量の中でも、ジュースに含まれている糖質は、なんと砂糖大さじ2杯分も入っているとされているのです。
これを推奨水分摂取量とされているペットボトル1本分で換算した場合、120gもの糖質が含まれる計算になります。
これを毎日続けているとすれば、ぞっとしますね。
どんどんと肉体に病気の要因を作ってしまっていることになるでしょう。

関連記事