見落としがちなウォーターサーバーのメンテナンス

- 使い捨てタイプのウォーターサーバー

使い捨てタイプのウォーターサーバー

環境面に関して意見が二分するのは、使い捨てかリターナブルボトルを使用するかです。ウォーターサーバーの場合には専用ボトルが大きいので、どちらかといえばワンウェイタイプを選びたいですね。もちろんコンパクトに畳めるのでゴミも少なくなりますよ。

●BLUEウォーターはリサイクルできます
ウォーターサーバーで見落としがちな点は衛生面です。サーバー本体の掃除も不可欠ですが、水がどこまで安全なのか。そこで有効なのがBLUEウォーターのワンウェイボトルです。水を採取後直ぐに消費者の元へ届けられます。変に汚染される過程がないので安心です。

一方で使い捨てボトルはゴミが増える、そう危惧する人もいるでしょう。しかしBLUEウォーターのボトルはペット樹脂製です。多くの自治体ではリサイクル目的で回収しているはずです。環境にもやさしいし堂々と使うことができますね。

●サントリーのボトルは廃棄が簡単です
ウォーターサーバーランキングでも非常に人気な飲料水大手のサントリーが満を持してウォーターサーバーの分野へ参入しています。使っているのは南アルプスの天然水です。加えて200項目にわたる検査をしています。安全への取り組みには問題がないでしょう。

サントリー天然水ウォーターサーバーは、容器にもこだわっています。保管時に日光から守る段ボールは5箱まで積み上げても大丈夫な耐久性があります。また外気に触れにくくなるダブルバリア構造のポリエチレンバックは、使用後につぶして廃棄が簡単です。

●ダスキンならいつでも新鮮な水が飲めます
ダスキンと言えば、お掃除のイメージかもしれません。とはいえその営業力を生かし、水をお届けできるエリアが業界トップクラスです。キレイを知り尽くしたダスキンは、ウォーターサーバーに関しても妥協しません。

天然水を利用しても雑菌が繁殖する心配はあります。しかしダスキンは充填時に空気を入れません。つまり使って水が減った分バッグが縮みます。外気を遮断しているので常に新鮮な水が飲めます。もちろん空になったらゴミも小さい。お掃除のプロは目の付け所が違います。

●試してみませんか
空ボトルの置き場所やゴミに関して心配しているならば、使い捨てタイプのウォーターサーバを試してみましょう。ただゴミが減るだけではなく、ワンウェイボトルならではの安全性、安心感も得られるでしょう。

関連記事